賞状や絵を飾り、部屋に映えさせるためには、額を選ぶ

功績のある人

功績のある人に対して送られる勲章のことを受勲という。この種類を取り決めているのは、内閣府であり、内閣府では独自に調査を行ない、叙勲を与える。叙勲を受けた人は、叙勲額に飾って栄誉を知らせることがある。

Read More

額の役割

内閣府が叙勲をする種類を決めており、それによって選ぶ額は異なる。叙勲のメダルや症状はただ持っているだけでは保存には適さないので、叙勲額で上手に保管する必要がある。

Read More

お祝いの品を送る

知人や恩人、または家族が叙勲を受賞した場合、お祝いの場が設けられることがある。その時、叙勲額を贈ることで、その人が受賞したことを祝う気持ちを示すことができるので、式に合わせて注文したいものである。

Read More

注文方法を知る

叙勲額を注文するには、額を専門に作成している額縁屋を選ぶことになる。専門的に、叙勲額だけを扱っているところもあれば、デッサン額を作っているような場所などがある。

Read More

素材を選ぶ

叙勲額は、賞状やメダルが映えるように、額の中身までも気を配ってデザインされている。中に敷く緞子の色や、額の色を選ぶことができるので、好みや部屋の色を考えて選ぶべきである。

Read More

綺麗に飾る

ものを綺麗に飾ることには一定のテクニックが必要である。
部屋にはポスターや賞状、写真などを飾ることができる。
広い壁があれば直接貼り、気分によって変えることで変化をもたせられる。
しかし、直接貼ることが許されない家もある。
賃貸物件などでは写真やものを壁にテープや釘などを使って貼ることは許されていない。
このため、壁を飾る方法は限られている。
また、家の場合でも、直接壁に物を貼ってしまっては、少々センスが無いといえる。
直接賞状を壁に貼ることで、賞状にテープの粘着物がついてしまったり、画鋲で貼るために穴をあけたりしてしまうことになる。
大事な賞状や絵を傷つけないためには、叙勲額などに代表される、額やファイルなどを使うことが大事である。

叙勲額などの額を使うと、賞状や絵を守ることができるだけでなく、部屋も綺麗に保つことが可能となる。
賃貸物件などでこうした紙媒体のものをインテリアとして飾ることは、額を使うことで上手に行なうことができる。
額をなんでも入れられるような大きさにすることで、大きなポスターも小さな絵も飾ることができ、一つの額で色んな使い道が考えられる。
額に入れ、壁に画鋲で刺すのではなく、長い額であればそのまま立てかけておくことも、インテリアを飾る方法の一つとなっている。
立てかけておけば、壁を傷つける必要もなく、その上中に入れていたものも上手に保管することができる。
額のガラス面に紫外線カットを施せば、日焼けを防ぐこともできる。